英語を身につけたいならコレ!口コミが証明する「デキル英会話教材」

HOME » スピードラーニングなど英会話教材を口コミで検証! » 英語耳

英語耳

ここでは、大ヒットした英会話教材、CD付き書籍の「英語耳」の効果や評判について紹介しています。

英語耳の概要、価格

「英語耳」「自分で発音できない音は聞き分けられない!」をポリシーに、発音方法を徹底的に解説し、リスニング力を高めるための書籍。シンプルなタイトルで大ヒットをとばし、6年後に改訂しています。最初に“英語耳”の基本である発音の重要性についてご紹介し、“英語耳”を鍛える訓練方法を解説します。

付属の音楽CDとともに取り組む基本的な発音の反復練習をし、発音にある程度慣れたら、次は英語のメロディーを学ぶ……というように、好みの歌や会話を繰り返し聴くことで、英語の音を英語のみで理解しているネイティブスピーカーと同じ状態を脳の中に作り、リスニング力アップを図ります。独自の方法を用いているため、評価が分かれる教材でもあるようです。

  • 価格…限定価格1,680円
    CD付き書籍

英語耳の3つの特徴

1.発音の練習方法が多彩
日本人が苦手とする「発音」についてトレーニングする方法がたくさん紹介されています。「発音できない音は聞き取れない」というのが大きなポリシーなので、これに沿って発音力を鍛えればリスニング力も高めることができます。子音・母音の発音以外に、リエゾン(連結)、リダクション(強弱)なども学ぶことができます。

2.使い慣れたテキストタイプ
日本人が使い慣れた、テキストでの解説をメインとした教材です。CDもありますが補助教材としての役割が高く、テキストと合わせて使うタイプです。従来型の勉強方法に慣れている人には入りやすく取っ付きやすい勉強法といえるでしょう。

3.シリーズ11冊でも2万円弱
英語耳は基本に加え、実践編や「闘耳」「単語耳」など全部で11冊のシリーズとなっています。いずれも1680〜2200円と安価なので、前シリーズ揃えても2万円前後。英語教材の中でも安価なものといえるでしょう。

気になる口コミは…

  • 繰り返し同じリスニングテープなどをしつこく聞いてまずそれを完璧に覚えるという方法は本気で英語を学びたいと思っている人にとっては避けて通れないものです。だた、この本ではその方法がより具体的に書かれているところが特に初心者にはわかりやすいのかもしれません。歌を利用する学習法は、歌が好きな人にはお勧めですが、苦手なひとにはあまり意味がないかも。(SBさん 男性)
  • 前半は、英語の各音の発音の仕方と注意点が述べられていて、CDも付属しているので、実際に音を聞きながら音読できます。後半は英語のリズムを身につけるための洋楽の活用方法、ペーパーバックの活用方法などがありますが、学術分野での見識と若干異なる部分があるのが気になりました。(MKさん 女性)
  • 一番挫折しやすい学習初期の時期にこの本で発音を練習して自信が付きました。きれいな米語発音をするには最適だと思います、この本だけではリスニングは完成しませんし、LとRの聞き分けなどはなかなかできませんでしたが、英語の勉強を何をしていいかわからない、発音が苦手という人にはおすすめです。(KTさん 男性)

 
口コミ評価で決まる!おすすめの英会話教材