英語を身につけたいならコレ!口コミが証明する「デキル英会話教材」

HOME » スピードラーニングなど英会話教材を口コミで検証! » 1000時間ヒアリングマラソン

1000時間ヒアリングマラソン

ここでは、語学教育出版として有名なアルクが発売する英会話教材1000時間ヒアリングマラソンを紹介します。

1000時間ヒアリングマラソンの概要、価格

1000時間ヒアリングマラソン1000時間ヒアリングマラソンは外国語の勉強雑誌を多数発行している「アルク」の教材です。比較的難しいと言われる「アルク」の教材ですが、こちらも「1000時間」「継続は力なり」といった厳しい言葉が並んでいます。

「英語特有の音を体得するには1年で1000時間が必要」というアルクの理論を元に、通勤通学、家事、ウォーキングなどさまざまな時間を「英語学習」の時間と位置づけています。その厳しさは英語学習の習慣づくりに一役買ってくれる教材ともいえそうです。

  • 価格…一般52,290円(クラブアルク会員47,061円)
    コースガイド/マンスリーテキスト12冊/マンスリーCD12枚/テストCD12枚/『ENGLISH JOURNAL』(CD付き) 12冊/マンスリーテストHEMHET12回/特製CDケース2個
    毎月25日締切→翌月10日受講開始

1000時間ヒアリングマラソンの3つの特徴

1.1000時間で英語を身体にしみ込ませる
英語を母国語としない日本人が、英語独特の音やリズム、スピード を身体にしみこませるには、一定期間に集中して生の英語を聞くことが大切。消えたり、つながったり、とさまざまに変化する英語特有の音を体得するために、このプログラムでは1000時間が必要と説いています。「英語もスポーツやダイエットと同じ。習慣にできれば必ず成果が現れます」。

2.生きた英語をお届け
海外の文化や社会についての背景知識も深められる海外ニュースのコーナー、話題の映画で生きた英語表現に触れられるコーナー、セリフがそのまま会話に使えると評判のラジオドラマなど、多彩な教材になっているのも1000時間ヒアリングマラソンの特徴。その日の気分で気になるものに取り組む自由度の高いプログラムです。

3.WEBで学習がもっと楽しく!
ヒアリングマラソンはWEB採点サービス「テストコ」に対応しています。「テストコ」を使えば、学習管理やテスト提出などが簡単にでき、快適に学習できます。さらに、WEB上に講座専用のクラスを用意し仲間との交流もできます。

気になる口コミは…

  • 以前から英会話スクールには通っているものの、仕事柄、定期的に通うことが難しくて。比較的仕事に余裕があるときにまとめて通っても、月に2、3回が限界でした。そこで、書籍や通信講座など、ほかに何かいい方法はないだろうかと模索していたところに、こちらを知りました。英検2級〜というレベルの高さにちょっと不安になりましたが、聞けるようになった実感があり、自分が向上しているのを感じます。(SSさん 女性)
  • 車の中でBGM代わりに教材のCDをかけ、何度も繰り返しながら聞き続けているだけです。あと、仕事で図面を描いたりすることが多いので、そのときも英語の音声を流していますね。それと同時に、英語が耳に入ったら聞こえた通りに言ってみるシャドーイングにも取り組んでいます。机に向かって真剣に勉強する時間はほとんどないのに、先日の国際会議では英語でスピーチ。質疑応答でもきちんと受け答えができました。(KTさん 男性)

 
口コミ評価で決まる!おすすめの英会話教材